ゴッホ原寸美術館 100% Van Gogh!

小学館から発売されている原寸美術書の100% ART MUSEUMシリーズ。

「若冲原寸美術館 100%Jakuchu!」 「北斎原寸美術館 100%Hokusai!」 に続き、初の洋モノ!

「ゴッホ原寸美術館 100% Van Gogh!」

発売になっています。

《ジャガイモを食べる人々》《アルルの跳ね橋》《夜のカフェ・テラス》

《ひまわり》《星月夜》《糸杉》 などを原寸で見ることができる美術書になっています。 原寸でみることで、今回改めて驚いたそのゴッホの特異性…

亡くなる2ヶ月前の作品「オーヴェルの教会」

ぐにょぐにょ

絶対の安眠!

をテーマに描いたという「ファン・ゴッホの寝室」

ぐにょぐにょぐにょ

ゴッホは眠れなかったのでしょうか

「ひまわり」

そして、今回一番目新しく

なんだかすごいと思った作品

「ルーラン夫人ゆりかごを揺らす女」

すごいバランス・背景

なんだかよく見ると曲がりすぎていておかしいし…

この左の方が、ルーラン夫人の旦那さんだそうです(郵便局員)

この夫妻は、開催中の

「ボストン美術館の至宝展」

http://boston2017-18.jp/

で実際にみることができます!

「ゴッホ原寸美術館 100% Van Gogh!」

ぜひお買い求めください!

ゴッホ原寸美術館 100% Van Gogh!

監・著/圀府寺司 

定価

本体3,000円+税

発売日

2017/8/1

判型/頁

A4判/200頁

ISBN

9784096822456

〈 書籍の内容 〉

ゴッホの名画を迫力の原寸で再現! 《ジャガイモを食べる人々》《アルルの跳ね橋》《夜のカフェ・テラス》《ひまわり》《星月夜》《糸杉》など、初期から晩年まで、ゴッホの代表作を厳選。力強い筆触やマティエール(絵肌)などゴッホ作品の魅力を原寸図版ならではの迫力で再現。また、制作時期による「自画像」や「肖像画」の変貌や、「ジャポニスム(日本趣味)」との関わり、風景画や静物画における様々な挑戦、さらに素描や水彩画など、その画業を通じて試みた技法と様式の多様性・変遷を概観。一般のイメージとは異なる意外な技巧派としての一面も明らかにする充実した内容の画集です。ゴッホ研究の世界的権威である圀府寺司・大阪大学教授による監修。書き下ろし原稿を収載。

〈 追加情報 〉

「ボストン美術館の至宝展」東京都美術館 7/20~10/9 http://boston2017-18.jp/

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」展 北海道立近代美術館 8月26日~10月15日 東京都美術館 10月24日~2018年1月8日 京都国立近代美術館 2018年1月20日~3月4日 http://gogh-japan.jp/

NEW!

ARCHIVE

SERCH

MEDIA

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
RSS Feed

COUNTER

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon