本日発売「週刊ニッポンの国宝100」 9号

今週のニッポンの国宝は美的対決! 「縄文のビーナス」と「源氏物語絵巻」です。

1986年に八ヶ岳山麓で発見された土偶。 少女のようなあどけない表情と豊満な妊婦の裸体を持つこの土偶。 日本美人の原型「縄文のビーナス」です。

言わずと知れた源氏物語。 物語が書かれたおよそ100年後に作られた絵巻物。 書き手は特定されていません。 美しい彩色と登場人物の心理まで表現した構図、そしてなにより場面選択の卓越さ。 物語の行間に込められたものが表現されています。

「国宝 名作ギャラリー」 >縄文のビーナス 女性らしい曲線美、キラキラ光る肌の美しさとハート型のお尻❤️

バックショット最高です。

>源氏物語絵巻 名シーンを場面解説と共にご紹介! 「国宝 原寸美術館」 >縄文のビーナス 切り取り線がついています、貼り合わせると原寸のビーナスのできあがり! 抱きしめたいぞ

>源氏物語絵巻 宇治十帖の「柏木(二)」を原寸で。 頭の中将の子“柏木”が光源氏の妻女三ノ宮と不倫。 この不義で生まれたのが光源氏の次男・薫です。 浮き名を流した光源氏が次世代に残した因果。 柏木は、このことで重い病を患い「死」を迎えます。 死期を悟った柏木が皆に別れを告げる場面を原寸で。 源氏物語はやはりスゴイ!

「国宝 くらべる大図鑑」 >縄文のビーナス 国宝土偶を4つご紹介。 文字のなかった縄文時代、仮面、タトゥー、謎のポージング、

今にも踊り出しそうな魅力的な土偶たちはとても自由です。

ダンス!ダンス!ダンス!

「国宝 解体新書」

>縄文のビーナス 岡本太郎も熱狂した縄文のカタチ。 顔は宇宙だ。 顔は自であり、他であり、 全体なのだ。      ー岡本太郎「宇宙を翔ぶ眼」より >源氏物語絵巻 実は主役の「詞書(ことばがき)」をご紹介。 連綿体という書体を使い書かれた美しい文字をご紹介。

NEW!

ARCHIVE

SERCH

MEDIA

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
RSS Feed

COUNTER