「ニッポンの国宝100 25号」

ニッポンの国宝100の記念すべき折り返し地点“25号”です。

国宝もこれで50個目! 思わず新幹線で西に向かいたくなるくらい^^さすがの求心力な2つのお寺の登場です。

密教の宇宙を描く『東寺 両界曼荼羅』 世界最古の木造建築群『法隆寺 伽藍』

『東寺 両界曼荼羅』 空海が日本に伝えた「ヒミツの教え」=密教。 現存最古の彩色両界曼荼羅は平安仏画の最高峰である東寺両界曼荼羅。

宇宙の真理そのものである大日如来によって説かれた密教のヒミツの教えが難解であるため 理解の手助けになるように制作されたものであり、 それゆえに見るものをたちまち世界へと引き込む強力な求心力を持っているのです。 ゾワゾワ…

人間の仏性(=仏になれる本性)を育てる「胎蔵界」 大日如来の智をあわらす「金剛界」金剛とはダイアモンドを表します。 2つでひとつの世界なのです。 宇宙は<地・火・風・水・空>の5つの要素=「五大」の物質世界で構成されている さらにそれに「意識」=心の動き=「識大」を加えて「六大」と考えるのだそうです。 物質と心の動きは、対照的なものであると同時に本来はひとつのものであると考え統合されたものが一対の「両界曼荼羅」なのだと。 意識の正体って。 意識があるところに世界は存在し、意識のないところに世界はないのかもしれません。 死後、意識はなくなってしまうのか。空海かホーキング博士に聞いてみたい! おびただしい数の仏が描かれていて、その迫力におされついつい細部に目がいかない 曼荼羅の世界ですが、隅々までじっくりみると面白いキャラクターがたくさん。 「国宝 くらべる大図鑑」でいろいろご紹介しています。

「国宝をめぐるミステリー」では、東寺でお正月8日〜14日まで行われる「後七日御修法」を細かくご紹介! 両界曼荼羅と五大尊像などの仏画を完璧にセッティングし(配置はイラストでご確認ください) 選ばれし15人の高僧以外はその内容を詳しくしることも許されない究極のヒミツの儀式!!! その空間でいったいどんなことが起きているのか・・・

『法隆寺 伽藍』 またまた出ました!柿よりも大好物の法隆寺❤️ 今回はその「伽藍」にフォーカスです。 西院伽藍(金堂、五重塔、回廊、中門など)と 東院伽藍(夢殿)に別けてご紹介。 ※金堂にある「釈迦三尊像」と「四天王像」パノラマ写真でみられます。やっぱりすごい!

ニッポンの国宝100でも7号で「救世観音」、13号「百済観音」と法隆寺の仏像を特集しています^^ 「国宝名宝ギャラリー」では救世観音さまもいる「夢殿」の写真を。 そして、「国宝 解体新書とってもおもしろいです。 かの五重塔を解体! 五重塔の一階部分がこんなことになっているなんて…と驚いてしまう 鍾乳洞的な仏世界が東西南北すべてに…  ぜひご覧になってください(実際は見られないようなので誌面で) 夢殿のすぐ横には中宮寺がありますね! 池の上に建つ美しい中宮寺、あの弥勒菩薩を間近でじっくりゆっくりと見ることができここも最高❤️です。

ブログも更新しました! https://www.hamanaka.pro/blog ========================= アートディレクション/濱中茂治 デザイン/小宮山大輔・持井萌 ========================= 週刊ニッポンの国宝100 公式サイト https://www.shogakukan.co.jp/pr/kokuhou100/

NEW!

ARCHIVE

SERCH

MEDIA

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
RSS Feed

COUNTER