「ニッポンの国宝100 26号」

GWが近づいてきましたね!

面白そうな映画や展覧会いろいろやっていますね、野外キャンプも気持ちのいいシーズン開幕でいろいろ動き出したい気分❤️

さて今回の国宝は、憧れの地『室生寺』が登場します。 土門拳が30回以上も訪れ、雪化粧の室生寺を撮るために脳梗塞による半身麻痺の体で定宿・橋本屋に泊まり込んで雪を待ったという伝説の室生寺。 「古寺巡礼」でも室生寺だけ特別に写真集を出しています。 行ってみたいですねえええ

女人禁制だった高野山に対して真言密教の寺ですが女性も入山することができ「女人高野」の名で親しまれ女性が多く参詣しました。 標準的なものの3分の1ほどの大きさの最も小さい五重塔。 宇陀の深い山に立つ室生寺には、龍が棲むといわれる龍穴がいくつもあり昔は雨乞いなどの法要もされていたようですよ。

弥勒堂には土門拳に<頭のいい顔をした、天下第一の美男の仏像>と言わせた国宝・釈迦如来坐像がいらっしゃいます。 イケメン仏像の横顔を原寸大でご確認ください!

今回のもう一つの国宝は『洛中洛外図屏風 舟木本』です。 ニッポンの国宝100では5号でこの『洛中洛外図屏風 上杉本』を特集していますが、上杉本は狩野永徳作、舟木本は岩佐又兵衛とされています。 ​

​​

​ 総勢2700人を超える人人の群像表現と当時の生活表現! 京に暮らす人々のエネルギーが画面いっぱいに溢れ、当時最先端だっったファッションや芸能を知ることができます。 桃山時代のアウトロー・歌舞伎者が担った祗園祭の様子はまるでハロウィン状態・笑 ほんと細かい!!

雅な世界に描かれた隠れたスキャンダルな場面も各所に描かれているようで、詳しくは「国宝 解体新書」に載っています。 ================================ アートディレクション/濱中茂治 デザイン/出羽伸・小泉桃子 ================================ 週刊ニッポンの国宝100 公式サイト https://www.shogakukan.co.jp/pr/kokuhou100/

NEW!

ARCHIVE

SERCH

MEDIA

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
RSS Feed

COUNTER

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon